すべての人は通り過ぎてゆく

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたと私のアホリズム その1

<<   作成日時 : 2006/12/10 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



なんの己が桜かな。


60年代の終わりに構造改革派は「欲望拡大路線」という横断幕を掲げ、ブントや革協同中核派は「自己の実存のすべてをさらけだして全世界を獲得せよ」と叫んだ。

80年代の終わりに、ブルータスのある編集者は、「俺たちって、まだ一人も人を殺していないもんね」と目を輝かせて語った。
 
革命よりも、殺人よりも凶暴な代物、それは自己実現の欲望である。

百たび死んでも治らないのは、ジコチューという病気である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたと私のアホリズム その1 すべての人は通り過ぎてゆく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる